読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児、子持ちでの看護学校時代、日々の出来事をつづっていきたいと思います。

Brain Questのワークブックを始めました。

長女が勉強中で、息子が昼寝中の時、 今までは次女がテレビ好きでテレビを観ることが多かった我が家。

 

そこで、そんな状況の時に、こちらをやってもらおうと思います。

 

 

f:id:akey39:20170329194214j:image

Brain Questのワークブック。

Kindergarten用。

 

f:id:akey39:20170329192400j:image

 

こんな感じで遊びも交えつつ、

 f:id:akey39:20170329192713j:image

文字の練習にもなっていきます。

 

ただそれだけではありません。

 

f:id:akey39:20170329193311j:image

結構内容は充実しています。

 

f:id:akey39:20170329193336j:image

フォニックスあり、(これ、大文字でしてあげると小さい子には良かったです)

 

f:id:akey39:20170329193412j:image

簡単な文字あり、

 

f:id:akey39:20170329193426j:image

数字あり、

 

f:id:akey39:20170329193505j:image

形あり、

 

f:id:akey39:20170329193517j:image

マッチングと同時に色んな単語とも触れ合えるし、

 

f:id:akey39:20170329193539j:image

f:id:akey39:20170329193559j:image

時計あり、

 

f:id:akey39:20170329193610j:image

お金あり、

 f:id:akey39:20170329193635j:image

 f:id:akey39:20170329193800j:image

五感や、地球、季節、リサイクル、植物の成長などのサイエンスあり、

 

 f:id:akey39:20170329193849j:image

ゲームありと結構ボリュームたくさんあり、どこからやってもいいので、少しずつ進めていきたいとおもっています。

 

f:id:akey39:20170329193958j:image

楽しげに取り組んでくれています。

 

これだけのボリュームで1475円。

なかなかリーズナブルだと思います。

 

また今後の様子をお伝えしますね。:)

 

 

 

 

 

遊びながら、聴きながら。

f:id:akey39:20170329142254j:image

我が家にある砂場コーナーに砂を追加しました。(砂場は直さないといけない部分が出て来てます。)

最近朝は子どもたち3人でよく外遊びをするので、春休みに入り追加しなければと思っていたので、ようやくの追加です。

 

子どもたちは思い思いに遊んでいます。

 

f:id:akey39:20170329142433j:image

長女と次女はおままごとに夢中です。

 

こんな時に、英語のかけ流しをしています。

今日はディズニーのシングアロングをかけ流しました。

いつもはwee singのものなどを流しています。

 

分かる英語をさりげなく。あまり長時間にならないように。

 

しばらくすると、長女が昼ご飯を作るといい出してくれました。

 

そうめんを作るとのことで、お湯を沸かしている間にデザート作り。

そんなことをしていると黙っていられない下の子たち。

 

9歳児、そうめんとデザート。

5歳児、りんごの皮むき。

2歳児、りんご切り。

 

が、スタートしました。

 f:id:akey39:20170329142826j:image

 

長女がつくった大量のそうめんを撮り忘れましたが、デザートはかろうじて撮れました。

 

f:id:akey39:20170329142912j:image

 

スナックパンの中にイチゴを入れ、上からチョコレートとチョコフレークをかけたものを冷凍庫で冷やしていました。

 

Good job!

 

昼ご飯の後はまたそれぞれにお外遊び。

2歳児は重たい石をわざわざ持って来てくれるので、heavyや、英語で褒めながら接しました。

お片付けも歌を歌いながらだとすぐでした。

 

What's in your basket? Nothing...

というやり取りも出て来ました。

本の英語が少しずつ自分の英語に変わっていく為にはこういった遊ぶ時間はとても大切だと思います。

 

母、ようやく春休みのお休みをいただけたので、妊婦の為遠出は出来ませんが、たくさんお家遊びをしたいと思います。

英語育児のスタンスを改めて考えました。

英語育児、何故やるのか。

 

英語が出来なくて困ることはあるのか、

早くやったからいいのか、

むしろ日本語に悪影響を及ぼすのではないのか、

ひいては子ども自身の生活に英語があることで負担をかけるのではないのか、

 

英語育児始めます!と言いながらも、心のどこかではぬぐい切れなかった正直な気持ち。

 

昨日も夜な夜なネットサーフィンをしていて、ある親子のパターンを目にしました。

 

それは、3歳から英語育児を始めた第一子と1歳未満の第二子の子育てをされているお母さんのブログでした。

第一子は日本語と英語、どちらも話し、長第二子は英語がかなり優位な状況で成長していき、お互いに話す言葉は英語。しかし、周りには英語を話す環境は整っておらず、自分の言っている言葉が分かってもらえないし、こちらも分からない。(まさに私が心配していた状況でした。)

 

そんな2人が今は大きくなっている。

第一子は難しい英語の本を読み、英語力はキープ。英検も小さいうちに頑張って取られたみたいだけど、小学生のうちに英検が取れても何の役にも立たないと思われていて、第二子には特に強制はされていないそう。そんな第二子は頑なに英語を拒否、否定。お母さんは第二子のことをある意味失敗例として私たちにシェアされて居られた。

 

これは今から私がやって同じようになる程子どもたちの英語力が上がるか、それはかなり疑問視するが、それを見て、何故早く英語を習わすのか、その答えが自分の中であやふやなままではいけない。そう強く感じました。

 

そこで、私はこういう方向性にしようと思うのです。

それは、私たちは素晴らしい日本語ネィティブである。だから、日本語の力をどんどん伸ばして欲しい。それが基本にあり、日常会話や日常で使う言葉を英語で聞いて理解出来て、コミュニケーションが取れる人間になって欲しい。

頭でっかちな英語が出来る、英語が出来ない子を馬鹿にするような子ではなく、英語で遊び、英語で助け、英語で笑いあえることの出来る子。英語は日々の日常で溢れていて、英語を話せることは特別なことではなく、当たり前のたしなみの一つ。

自分の母国をもっとたくさん知って、母国が大好きで、色々な違う国の違う環境の人のことも思いやれる、そんな子になって欲しい。

 

そう思うのです。

だから、私は英語を子どもたちがすることに対して、利己的ではいけないと思うのです。

子どもたちに英語をお家でするのは何故?という問いかけに、私たちは日本人だから、いっぱいいっぱい日本語をもっともっと自由に使えるようになろうね。その上で今から少しずつ英語のことを知っていったら、色んな国のたくさんのお友だちと話したり、遊んだり、知ることが出来るんだよ、というようなことを説明しました。

 

子どもたちは、そっか、だから英語するのか〜。って素直に受け止めて、英語も楽しく取り組む姿勢でいてくれているので、その姿勢をいつまでも大切にしていきたいと思っています。:)

 

 

 

先生役になりたい&劇をしたい子どもたち。

ブック1、普通にCDかけてやってみたのですが、普通だと何となくつまらない感が漂ってきました。

 

子どもたちが楽しい!もっとやりたい!と思えなければ意味がありません。

もっとやりたい、けど今日はここまでね、でなければ……。

 

何だか私自身聞いててしんどくなりました。

 

なので、やり方を変えて楽しめる方法にしたいと思います。

 

子どもたちが何が好きか、それに合わせるのが一番いいと思うのですが、娘たちはフリータイム時に劇をするから観に来て、と言いに来てくれました。

 

そこで行ってみると……

 f:id:akey39:20170327224807j:image

始めのページで劇をしてくれたんです。

 

そう、彼女たちはなりきりが好き。

 

それから……

 

f:id:akey39:20170327224917j:image

3人ともそれぞれに先生になりたいのです。

 

学校ごっこなどごっこ遊びも大好きです。

 

つまり、なりきり、ごっこ遊びを用いた勉強のようでない勉強がまだベターかなと思いました。

 

そこで、今夜はマジックのページをしたのですが、先日は本を見ただけで子どもたちが毛嫌いをしたページなんです。

今夜はちゃんとマジックハットと、マジックスティックを用意して、机とアルファベットを用意し、それぞれに役を決めて雰囲気を味わいながらレッスン用CDではなくシンプルな本読み用CDをかけて、少しならしては止めて、一つずつ真似しながら、自分の役が来たら真似しながらやってもらいました。

 

初めはミッキーは私で、子どもたちは観客役だったのですが、次々にミッキー候補が出て、それぞれにミッキー役もしてもらいました。

 

すると、発語が結構あって、真似することも楽しげでした。

 

その後先生になりたいので、本読みもしっかり聞き。まだ、1冊目終わってないですが2冊目に面白そうなのがあって、2冊目もしてみました。

(何と2冊目からCD封が開いていない新品状態。)

あっという間に雰囲気で意味が分かっているようでした。さすが子どもたち。

 

歌もあるので、こちらはレッスンCDで。

何なら本読みCDに歌がついていたら、それで私オリジナルのアクティビティをまじえたことが色々できるのにな〜と少し残念に思います。

 

でもDVDにしなくてよかった。あんなに絵本をめくる姿を見たことがないほどだった娘たちが暇を見つけてはペラペラめくっている、それだけで大きな成長と喜びを感じます。

 

さて、我が家では〜しなさい、というのは極力言いません。

 

今日は息子がペパピグが見たいと言い出してくれたので、心の中はガッツポーズ。笑

 

オールイングリッシュのペパピグを一緒に見ました。こちらは分からない、がなく見れているようです。

 

絵だけでもわかる内容になっていて、そこに言葉があるので、とってもいいですよ!!

 

しょっちゅうリクエストしてくれて、上の娘たちは見たいとは別に言わないですが、弟が見たいなら見てもいい、ぐらいのスタンスですが、見始めると結構見てます。

 

でも、私は結構リアクションしたり、一緒に言ったりするようにはしてます。

親の言葉がけがあるだけで全然吸収力が違うらしいですよ。:)

DWE一日目の様子。

f:id:akey39:20170326092742j:image

メインプログラムでやってみたのは曲3つ分。

What's your name?

The introduction song

What's in your basket?

 

f:id:akey39:20170326092846j:image

ちょっとしたストーリーになっていて、クイズもある。

 

f:id:akey39:20170326092914j:image

そして、シングアロングについている歌も歌ってくれる。が、ここには歌詞がない。

 

そこで役に立ったのがシングアロングの本。

f:id:akey39:20170326092957j:image

ここで文字を確認しながらできる。

 

実はこちらもお安かったのです。

衝撃写真が残ってたのでアップしてみます。

f:id:akey39:20170326093040j:image

こちら、初めは9,800円で売られていたと思うのだけど、機械がスローで今ひとつ動きが悪いとのことで980円でカード、シングアロングセットをゲットしていたのでした。

 

f:id:akey39:20170326093142j:image

シングアロングの一しかまだ聞いたことがなかったのですが、食いつきはかなりよく、さぁ寝るよと寝かせつけの時にはこちらのシングアロングをかけて寝てみました。

すると、2歳児が歌って歌ってなかなか寝ない……。結構リズミカルで子どもの心をキャッチする曲ばかりです。

 

歌で言える=物語が読める

 

これ、いいですよね。

 

私もそれが一番いいと思って歌と物語が連動した本で私もレッスンしています。

それもとってもいいのでまた紹介させていただきますね。

 

そしてストーリーのCDもただめくるだけなのでストレスなく出来るようで、レッスンとはまた違う意味でとても役に立っています。

 

そして、英語の発音についてですが、一日目でかなり課題というか、何というかを感じたので記録として書きたいと思います。

 

9歳児:発音がやや日本語英語。文字が読める分、それに自信があるのか、聞き取れないのか、日本語英語です。私もさりげなく正しい英語をいうのだけど、やっぱり日本語英語のまま。これ、小さい時に始めなかった恐らく唯一の弱点なのかな、と思います。耳が育ちきってしまっているのかも知れません。今後も観察していきます。

 

5歳児:すぐに暗記して、私は出来ますオーラが半端ない。けど出来るのは一ページ目の

 

f:id:akey39:20170326093937j:image

これだけなんですけどね。汗

 

けど、発音が!

何か綺麗!

5歳児、間に合うのであればレッスン始めるのに調度良い時期かも知れません。

今後も観察していきます。

ただ姉と一緒にすると、姉があまりにザ・日本語英語を堂々と話すのとかなりの音痴なのでそれにひきづられてしまいそうな予感はしています。姉も姉で自信満々で、覚えられない分、姉の発音も吸収しようとしてしまっているので。

 

2歳児:歌になると嬉しくて身体を動かしたり、ABCの歌になると歌ってますが、レッスンとなると全然興味ない感じです。

 

家でしていることとしては、clean upタイムを毎晩作る時に、clean upの歌を歌いながらしています。すると、子供たち皆かなり片付け頑張ってくれて、リビングがピカピカになります。

これは、イギリスのシュタイナーサークルに参加されていたイギリス人のお友だちがされていたことで、片づけて!とか全く言わずに、歌を歌いながら子どもたちを導いていて、それを実践してみています。効果絶大ですよ。

 

後はput on your 〜も英語の歌があるので、それを歌いながら〜の部分はその都度変えて歌うとすんなりお膝に座りに来て着替えさせてくれています。

 

注意点として考えているのが、

無闇な英語のかけ流しはしない、

怒る時に英語は絶対使わない、

英語の時にはかならず一度は褒める、

楽しいと思わせることが出来たら最高。

 

無闇な英語のかけ流しで2,000時間越したとしても、それは効果的なアウトプットには繋がりません。常にアウトプットしてもらえるようにこちらからもアプローチする必要があります。

 

そして英語=楽しい、と思わせるのが上達の秘訣。英語=強制、ママが怖いなどで英語嫌いにしてしまったら元も子もないないどころかかなりのマイナスです。

 

これからも楽しくレッスンできるかやってみたいと思います。

 

 

 

DWEのメインプログラム(テキスト+CD+宝箱)を購入!

先日DWEのレッツプレイを中古で13,000円で購入してDWEデビューした我が家。

 

f:id:akey39:20170325155414j:image

 

正直、軽い気持ちでの購入だったにも関わらず子どもたちの食いつきが凄まじく、もうビックリ!!

しかもDVDの歌やアクティビティがすっごく楽しく、結構グイグイレベルアップしてくれて、かなり英語モードに押し上げてくれる逸材!!

 

そして色々見てたら、何だかんだいってもやっぱりメインプログラムという言葉を見る度に、どんなのかな?メインプログラムって何かな?

 

さらにインスタグラマーの皆さんがこぞってDWEユーザーです、の文字。

もう気になって気になって。

 

初めはステップバイステップというDVDにしようかと思って中古を検索。しかしDVD+宝箱はあるけど、テキストがなかったり、あっても高かったり……。

 

それからはひたすらにレビューを見まくり、やはり一番はテキストとCDだというのを目にして、我が家、本をほとんど読まない子たちなので、ここでDVDにしてはいけない、もっともっと絵本や本に興味を持って欲しい、そう思ってDVDのチョイスは辞めました。

 

そしてつい今しがた来ましたぁ!!

 

f:id:akey39:20170325155923j:image

 

本はテキストと、ガイド本、右の箱は宝箱で左はCDたち。

 

f:id:akey39:20170325160020j:image

CDはかなり量があるので、やりながらまた更新したいと思います。

 

宝箱を開けてみると……

f:id:akey39:20170325160207j:image

f:id:akey39:20170325160231j:image

f:id:akey39:20170325160240j:image

f:id:akey39:20170325160249j:image

f:id:akey39:20170325160300j:image

書き込みなしです。

前のユーザーたちはいったいどうやって使ってたのだろう。

これはブラシタッチ版ではないので、かなり古めのやつだと思いますが、内容は全く変わってないとのことなので、気になりません。

 

お値段はママのガレッジセールで38,000円でした。

 

これはもっと安くでも売ってあるみたいなので、うまく探されるといいと思います。私は宝箱を絶対に欲しかったので、変にオークションや、フリマサイトを使うのは辞めました。

確かに高いけど、きちんと内容も分かってから購入できる安心感の方を選びました。

 

ちなみに最後まで悩んだステップバイステップはDVDに宝箱もついてこちらも38,000円でした。

 

でもテキストはないし、本にもっと親しんで欲しい私はこちらにしました。

 

これから少しずつしていきたいと思います。

今日は3の歌とモンスターがお気に入り(DWE レッツプレイ)

歌はもうめちゃくちゃ可愛くて携帯から動画を撮ってみたけど、それはこちらではアップ出来ないようなので文字にて。

 

3は少しレベルアップしたかなっと思ったけど、一緒にやれば2歳児にも難なく理解できた。内容はhands, feet, clap, stamp, arms, legs, swing, shake, wiggle, fingers, toes, count to ten

こちらを女の子と男の子が一緒になってやることにより子どもたちも真似する感じです。

ノリの良いリズムなので、2歳児も5歳児も大興奮。本当に面白いのでまた動画が貼れたらはろうかな。ただ家の散らかり具合がやばいので、次からは撮影用のテレビ台にしなくては。笑

 

後はミッキーとミニーの穴に指を入れてミッキーとミニーになりきる歌。walk faster, walk slower, run, stop, jump higher

 

比較級ここで出ますか!という急展開!

なるほど、私が難しいかな〜、まだかな〜って思ってセーブする必要はないんだなって改めて思いました。子どもたちも全然抵抗なし。当たり前なんだろうけど。

 

3の色については前回したので、今回は2歳児がモンスターが怖いのに見たいみたいで、モンスターをエンドレスで見ました。その間姉たちはモンスターのお面作り。

 

f:id:akey39:20170321215906j:image

これらもほぼ新品。といっても作ってる最中に写真撮ってなかったので撮った為お面に絵が描いてあったり、毛糸がすでに切れたりしてます。

 

出来上がりはこちら!

f:id:akey39:20170321221849j:image

5歳児と9歳児は懸命に作り、2歳児はいちいちモンスターの所で遠くまで隠れに行き、そしてモンスターでなく女の子と分かった時点で戻ってきて見るというエンドレスを繰り返していました。笑

 

この3はもうしばらく見ると思います。

実は2の前置詞も全然マスター出来てないので、それもさっさと行き過ぎたかなとは思っています。

 

今日は仕事ディだったので、無理かな〜、英語時間と思っていたのですが、帰って来たから寝るまで結構な時間を私は英語だけ話しても子どもたち抵抗なかったです。

 

帰りの車の中で見てる英語のDVDが英語スウィッチを入れてるのかも。すごく好きで終わった瞬間にもう一回見る〜といつも言ってくれるので何度もリピートしてます。すごくいいDVDなのでまた紹介しますね!