英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の話です。

娘が英語で何を話しかけても日本語でしか答えない夢中時間。兄弟間は100パーセント日本語。

英語育児を始めてもうすぐ3週間。

 

前から思ってたことなんですが、例えばハワイの人と一緒に楽しそうに遊んでるな〜って耳を澄ましてると、ハワイの方は日本語が全く話せないので、英語。そして娘たちは全く物怖じせずに日本語をベラベラ話していて、その時はまずは世界の人誰とでもボディーコミュニケーションは出来るし、素晴らしい人たちが世界中にいるのを体感してくれたらいいと特に気にせず居たのだけど、実際に英語育児をしてみると、私が朝にGood morning. や、Do you want 〜?などにはこたえてくれているんだけど、夢中になってる時はもう英語なんて話す気さらっさらないんじゃないか、と思えるほど、夢中で日本語で話しています。

私が英語で話しても、意味が分かる時も分からない時も全部天真爛漫に日本語が返ってきます。

 

娘の頭の中の世界はもう楽しくて仕方ない!という感じで、そこに日本語というツールがもうあるから使っている、という感じです。

 

これが早くからリスニングや、英語絵本などのインプット貯金してこなかったツケか……と思ってみたり。

 

そして兄弟間はまさに100パーセント日本語。

 

これがいつか兄弟間で英語を話すようになったらしめたものではないかと考えました。

 

つまり、目標の一つに兄弟間が英語になること。これはかなり英語力アップにも繋がる。

ここをまずは目指したいと思います。

 

インプットの英語も今の所だいたい同じなので、今朝も風船を膨らませながら、Big,bigって言ってたので、biggerと一言私が言うと、そこからbigger!と連呼する3人でした。

 

そういえば英語育児の本がいくつかあったな、と本棚を見てみると、数冊ありました。

 

f:id:akey39:20170408211747j:image

こちらの本は、ご主人さまがネイティブ、奥さまが英語の出来る日本人のご家庭。長男さんが2歳半になったころから日本語オンリーから、夜寝るまでの時間帯に英語オンリーにされた話が少し載っていました。

 

初めは両親の変貌ぶりにただオロオロ→日本語のみで返事を約2ヶ月→ある日I'm thirsty.と言う→とうとう話す!最初はシンプル→答えるだけでなく、向こうから質問もするように……。

 

ネイティブの子どもでもこういう状況。

 

f:id:akey39:20170408212224j:image

 こちらは、日本人の両親。突然アメリカへ出向。子ども3歳2ヶ月の娘さん。事前に英語の下準備なし。

アメリカの保育園にて過ごすも、怖くて何も話せない(1-2ヶ月)、親が英語で簡単なフレーズを話す→3ヶ月ぐらいで単語は理解するものの、それ以上の細かい話は全く分からず、他の子の動きを見て真似する状態→半年から一年ぐらいで大まかな意味がわかる、半年ぐらいで英語っぽいイントネーションの言葉を意味不明に、ブツブツ言っている→一年半で英語が嫌、日本に帰りたいということがほとんどなくなり、単語やフレーズを真似て話すようになる→一年10ヶ月でテレビの天気予報を見て、rainって言ってるけど雨が降るの?と聞くようになる。という状況だったそうだ。

 

こちらは本人は日本人、周りはネイティブという環境。

 

筆者は、結果アメリカにどれだけ住んでいたかもいうより、どれだけ英語を聞いてきたかが問題。リスニング貯金を。と言っている。

 

そして、わかる、だから飽きずに集中して視聴できる。BGMでもいいから続ける。ヒアリングはとてつもない長期戦。など元気づけられる言葉も。

 

が、しかし!2年〜3年で週2回の教室だけで100パーセントバイリンガルにされている先生は、こんな言葉を言われました。

 

スピード勝負。

3年でもバイリンガルにならなければ、10年してもならない。

小学校に入るまでに遊びながらバイリンガルにしてしまう。

英語で叱って嫌という感情にしてしまうぐらいなら、褒めまくり、調子に乗らせ、寧ろ逆トラウマを作る!嫌いになるのが難しい状態へ。

 

などなど。

 

今までほぼ日本語オンリーだった子どもたち。これからまだまだインプット貯金しながらも、私はこれがしたい、私はこれが欲しい、私はこれが好きなどの気持ちの表出は出来るように早くなってもらいたいと思うのでした。

 

その為には、まずは厳選された言葉に、アウトプットの必要性をつくること。何とかあの手この手でしてみたいと思います。

 

今日は、娘が何に夢中だったかというと、お散歩です。

 

f:id:akey39:20170408215044j:image

たくさんの花を集めてました。

もう自分の世界に入って話しまくりながら。

途中、色を言ってみたり、綺麗と言ってみたり、娘の行動を英語で言ったりしてみたが、まったく英語のアウトプットなく……。

どうしたものか……。今後ここはちょっと課題だな〜。色をどんどん言えるようになるように今度もう一度トライしてみよう。

 

f:id:akey39:20170408215338j:image

公園に着くと、娘、絵を描いていました。この為に大きな少し重いお絵かきセットも持参でかなり歩きました。

 

f:id:akey39:20170408215441j:image

息子は初めはかくれんぼを英語でしてたんだけど、水遊びになり、濡れ、着替え、鉄棒で落ち、ブランコを楽しみ、砂場で裸足になりいつまででーも遊び満喫してました。

 

f:id:akey39:20170408215701j:image

か、帰りたい……が帰る気ゼロの図。

 

今日は長女が昼からバレーボールだったので、午前中に本読みなどをしてもらいましたが、明日は朝8時から夕方6時頃まで練習があるので、何も出来なさそう。

 

本当に長女にかける時間が全然なくなってきました。

でも、次女、息子との時間も大切にしようと思います。

 

まずは繰り返しを毎日毎日、もう忘れることの方が難しいぐらいくりかえして少しずつ習得していき、途中からスイスイ階段が登れる下準備にかかりたいと思います。

 

この部分は長女は結構地道にしてきたので。

 

そして目指すは兄弟間の英語での会話!

 

今日紹介した本はこちらです。

 

 

 

 

 

英語はかんたん、かんたん!

次女が今日そんなことを呟きました。

 

心の中でやったー!という気持ちになりました。

しばらく車に乗っている時に、アナスタシアを私が突然観たくなってかけていて、いつもかけていたchatのDVDをかけてなかったんだけど、いつの間にかすっかり頭にインプットされていたようで、オムツ交換の時に、「I don't want to go poo-poo. Eiei-o」と歌ってちゃかしたり、「When I grow up, I wanna be...」の構文もすっかり馴染みある言葉になっていて、I wanna be a volleyball player.とか教えてくれたり……。

 

大きな栗の木の下での英語版や、早口言葉、BINGOももはや熱唱の域……。しかも3人とも。

 

やったことはできる、やらなかったことはできない。

 

今日もまたそれを感じたのでした。

 

それから、用意する環境も大切だと改めて思いました。子どもたちが何をするかは自由に決めたらいいけれど、本人のレベルにあった選択肢をきちんと用意してあげる必要があるのかな。

 

少し簡単め、これが何事にもポイント。

 

前回失敗した読書タイム。

 

 

これを義母にクリスマスにもらっていて、ちょうどいいと思いきや、これは長女には難しかったようです。

 

内容はとっても面白いですし、すごくいい本だと思います。

 

f:id:akey39:20170407222628j:image 

 

f:id:akey39:20170407222636j:image

 

娘、説明するのに、まず成分という言葉の意味が分からず……。その後まとめて説明するにはかなり難易度が高かったようです。

 

読めるけど、自分の言葉に出来ない、といった感じでした。

 

そこで、図書館で何でも好きな本探してみるようにいうと、絵本の方へは行かず、伝記を選んでました。

 

初めは一冊に366人の偉人たちの話の本を選んでましたが、かなり難しく、そして色々はしょられていたので、一人ひとりの人生をもう少しゆっくり味わえる方が良いと思い、一冊一人の本も見ましたが、結局数名の人生が描かれた本を選びました。

 

で、こちら、一年生〜六年生までありました。

今日から四年生なので、三年生から?とも思いましたが、まずは読書の習慣と楽しさを味わって欲しい。それにそれぞれの本に載っている人物が違うので、一年生のものを一緒に選びました。

 

短めですが、ちゃんと産まれてから老年の活躍にも触れられていて、なかなかいい本だと思います。

 

娘も集中して読めていたし、話の内容も教えてくれました。

 

やることと、環境。とても大切だと思います。

 

そんな本日、長女は小学四年生に。

次女は年長さんへ、息子は2歳児クラスになりました。

 

f:id:akey39:20170407223544j:image

桜も咲いていて、天気もなんとかもってくれたので助かりました。

 

f:id:akey39:20170407223614j:image

 夜はお祝いといえばこれ、という定番になった巻き寿司。ネタが少しジャンキーになってしまいましたが、たまにはいいかな。 

今日紹介紹介した本はこちらです。

仕事の合間の休みに初プールへ。

4月からは春休みはなく普通に出勤。

月曜、火曜と義母にみていただき、子どもたち、いちご狩りや公園、パフェを食べに行かせてもらいご機嫌。

 

感謝。

 

そして今日は一日休みの日。

朝から洗濯に掃除に……。

 

するとまた子どもたちは思い思いに遊び出し……

 

f:id:akey39:20170405222310j:image

気がついたら水遊びへ。 

わ〜、えらいことになっている!(O_O)

 息子、全裸!着せる→濡れる→脱ぐ→全裸!

 何なら長靴も水汲みに使ってる!(O_O)

しかしここは姉が居るので、更に面白くする為に重たい道具を持ってきて遊べるようにしたり、寒いからとお風呂場からお湯を何往復もして持って来たりとさすがお姉さん。

 

何度着替えさせてもこれでは間に合わない訳だ……。

 

そうこうしてると、「そうだ!温水プールへ行こう!」ということになり、着替えも着々と姉を中心に下の子たちがプール行くモードへ。

 

f:id:akey39:20170405222638j:image

 

で、結局8ヶ月妊婦、プールへかりだされ、2時間ほどだけプールへ行ってきました。

 

長女、スイミング辞めてからかなり経つのにすいすい泳げていてビックリ!

次女、あまり泳げないにも関わらず果敢に深いところばかり行くので気が気ではない……。

でもそこは長女がうまいことフォローしてくれてました。

2歳児息子は、初めは深いところばかり行きたそうにしていたけど、いざビート板に乗って長女に連れられると怖かったようで、もう行きたいとか言わなくなり、浅瀬でパチャパチャしてました。顔も何回かつけてみたけど、その後の出方が分からなかったようで、危うく溺れかけてそこから顔もつけずひたすら浅瀬でパチャパチャしてました。

 

何だか見ていて、

「やったことは出来るようになるし、やらないことは出来ない。」

これは本当に何にでも通じるなと思ったのでした。

 

スイミングもそうだけど、英語育児だってそう。やったことは出来るようになる。やらないことは出来ない。これからも細くても長く続けていこうと思うのでした。

 

帰ってから2歳児がもう少しのところで昼寝をしなかったのだけど、寝るようにお布団に入っている時に、軽くDWEのBook2のCD1枚分をしました。無理なく、本読み中心で、あまり穴埋めとかさせないようにしてやりました。

 

長女、この本も楽勝のようで、すいすい分かってました。次女は聞いてるようで、2歳児がわちゃわちゃ動くのでそれにつられて一緒に遊んであげており、あまり聞いていなかった様子。

 

でも長女の方がなかなか時間が取れないので、長女中心に出来て良かったです。

 

その後、結局2歳児寝ずで、私はご飯作り。

ご飯作りの時のルールとして、長女に読書をすすめることにしました。こちらもやることは出来るようになるし、やらないことは出来ない。

読書はもちろん日本語です。

祖母から科学の本をクリスマスにもらっていたので、「「なぜ?」に答える科学のお話366」という本を読んでいます。1ページで完結するので、ちょうど良いかなと思い……。

 

が、しかし、娘。

読解力がかなり怪しくて、すぐに「読んだで〜」と報告してくれるんだけど、じゃぁこの質問は何が答えだったのか聞くと、え?何が答え〜うーん……と本の内容をそのまま読んで教えてくれるという状況。

 

そして結構難しい単語がたくさん使われているので、母につっこまれて分からなくて辞典で調べて教えてくれる、という状況で、本人はあまり楽しくなさそう。

 

私も褒めたら良いのに、それが出来なかったので反省……。きっと数日はしんどいけど、それを乗り越えれたら楽しくなると思うんだけど、それも嫌らしくもう少しレベルを落としたいらしい娘。

 

だからといって娘に任せっぱなしにすると保育園でもらった本とかをひっぱりだして読んだとか言い出すし、だからといって長編になるとダラダラと読むので結局どんな話だったかも今ひとつ分かっていないという状況なので、いくつか短い内容の本があるので、それの中の好きなものを読んでいってもらおうと思っています。

 

最終的に、本が大好きな子になる為に、今は易しい所から。

 

読書により世界を広げ、夢を抱いたり、読解力をつけたり、木を見ず森を見渡せる能力をつけて欲しいと思うのです。

本当はもっと小さい頃に私がそういう本もどんどん読み聞かせしてあげてれば良かったのだけど、それが出来ていなかったのを反省しています。

 

そういえば私が小学生の頃は、学校の図書室に行ってはシートン動物記や、伝記を読み漁ってたな。

 

娘にも色々な本に触れていって欲しいと思います。

 

そして、夕食作りは、恒例の手伝いたい病の次女と2歳児により、次女、人参のスライス、

2歳児、パン粉作りと、包丁できゅうり切りをしてくれました。

 

f:id:akey39:20170405230014j:image

皆包丁はお手の物になってきました。

 

それから次女は英語のワークブックも少しだけ進めました。しかし、長女のなぜ何の答えを聞きながら、2歳児の料理を見ながら、自分も料理をしながらなので、かなり雑になってしまい反省。

 

せめて2歳児、昼寝して欲しかった(>_<)

 

そんなこんなの8ヶ月妊婦。

今日も無事に終えました。

 

今日は英語でポロロを見ました。

本当はオズの魔法使いを見たいらしいのだけど、1時間半のなかなかの長編なので、今夜は勘弁してもらいました。

 

子どもたちと何かをするってすごく時間がかかるので、一日あっても本当にあっという間です。

 

また長女が小学校へ行き、次女と2歳児が保育園へ行き、私が仕事をする状況になるとなかなか時間が確保出来ないので、今日は貴重な一日でした。でも母、二日仕事が続くとかなりしんどいので、今日も一日中眠かったです。

 

そう思うと、一日中誰のことも気にせず寝たい欲求もフツフツ……。

 

バックにうつっている恐竜ポスターはCTMで購入しました。

www.ctm.co.jp

600円で購入出来て子どもたちもとっても喜びますよ。

 

【DWE】気がつけばDWEのストレートプレイとステップバイステップを探す私が居た!

DWEについてネットサーフィンするのが日課になってしまった私は、またある記事を見つけてしまった。

 

それは、ブルーの初めから徐々に始めるのではなく、ブルーからイエローまでまんべんなく見せたり、聞かせたりするのがオススメというもの。

 

我が家はまだブルーのしかも一冊目しかしていなくて、そしてイエローまでって12冊あるから……絵本とCDだけでそれをまんべんなくってかなり厳しい……。

 

ストレートプレイは全然考えていなかったけれど、それがあればかなり楽に子どもたちが見てくれるのでは……まんべんなく見れるのでは?とストレートプレイについて調べる私がいました。

 

ついこの間絵本とCDを購入したばかりなのに……。

 

だけど、ステップバイステップに比べてストレートプレイはかけ流しなのが楽で良いかなとは思ったのだけれど、曲が圧倒的に少なく、また動画ではなく静止画との文字を見て、うーん……とやはりなり。

 

ステップバイステップはかけ流しが出来ないのがうーん、と思っていたら、play all songsがあるのだったらいいかも!と思い調べてみたけれど……た、高い……。(>_<)

 

うーん、うーん、と明日からまた仕事なのにも関わらずこんな時間に……。汗

 

きっとどちらもあると良いのかも知れないけれど、私、落ち着け!!

 

とりあえず絵本とCDは全てを網羅しているので、それをしよう!冷静になろう。

 

それに、聞いたじゃないか!同じ本を毎日毎日365日する方がいいと。覚えてしまうぐらいがいいと。バイリンガルにされた娘さんを持つ憧れの方が娘は10冊ほどでバイリンガルになったという言葉を。

落ち着け〜!落ち着け〜!

 

それに何より、私の語りかけを子どもたちが少しずつ理解してくれていて、それをメインで頑張っていこうと思います。

 

頑張るといっても、やってる本人はとっても楽しいのです。私がとっても憧れるバイリンガルにされたお嬢さんを持つお母さんから、10年後、子どもが……というよりお母さん自身の英語の上達に驚かれる日が来ますという言葉に励まされる私です。

 

それから、1日に一つ、英語のお話をかけています。言葉が簡単で、子どもたちも気に入って聞いてくれているのが、Netflixのポンポン ポロロと、うーん忘れてしまった!!(また朝にチェックして追加します!)がすんなり入るようです。

 

私もテレビの言葉に合わせて、「dark, scary...!」などと言っています。

ここで言葉をちゃんと選ぶようにしています。

Dark→だからscary

 

この単語のみピックアップです。

他の言葉はなるべく言いません。

 

単語がたくさんあると、子どもたちはどれがどれなのか処理しきれなくなります。

なので、一文字か、二文字だけにしています。

 

そのうち言葉が分かり出したら私の言葉も少しずつ増やす予定です。

 

それから、お腹がぺこぺこの時にすかさずAre you hungry? Are you thirsty?なども聞いていくようにしています。子どもたち、真剣な顔でyes!とこたえてくれます。

 

今日は夜の7時に帰ってからご飯を作ったのでかなりお腹ぺこぺこの様子でした。

 

ごめんね。

 

実は、夕方からモアナと伝説の海を見にいってきたのです。

子どもたちも食い入るように見てましたが、そばで私、号泣。笑

何故泣くのか、ほんとあの自然の偉大さを感じて感動しちゃいました。

 

トーリーに、とかよりもあの自然のエネルギーを浴びて自然と涙が溢れてました。

 

暗くてよかった〜。笑

 

明るかったら、今泣くところ?全く泣けん!と思われてしまうような普通のところです。

もう初めから綺麗すぎて心打たれてしまいました。

 

こちらは吹き替え版です。

いつか字幕版の方が見たい!とか言ってくれる日が来ないかな〜。

 

モアナのDVDが出たら購入して、英語バージョンも聞いてみたいです。

 

ちなみに私はアナスタシアの英語バージョンが大好きです!歌声があまりにもキレイで聞き入ってしまいます。

 

 

 

自らお弁当と夜ご飯作りをかってでてくれる長女と下の2人。

昨日は草刈りをする!と草刈りをしてくれた長女。

 

f:id:akey39:20170331210111j:image

 

最近お手伝い表が作れてないので、お金が欲しくて……という動機ではない模様。それぞれの敏感期を体感中の子どもたち。

 

f:id:akey39:20170331210336j:image

 

姉がとった草は下2人がお片付けしてくれてました。下の子、オムツ姿ですみません。

 

長女、我が家に満開に咲くさくらんぼの花を見て、花見がしたい!お弁当が作りたい!と言い出して……

 

本当にお弁当を作ってくれました。

 

f:id:akey39:20170331210534j:image

本格的!

 

f:id:akey39:20170331210552j:image

 

玉子焼きも何度も作っているのでお手の物です。バランスも考えてサラダまで。母は、その間に外の片付けを下2人としていたのでノータッチ。よく頑張ってここまで作ってくれたものです。

 

f:id:akey39:20170331210657j:image

どれもとっても美味しかったです。

 

その後3時になったらティータイムね、と紅茶を入れてくれました。(おやつはいつぞやにいただいて冷凍庫に入れていた干し柿。)

 

そして夜ご飯。

餃子にしようと思っていたので、タネを作っていると、長女、また作ってくれると言い出してくれて、餃子、全部巻いてくれました。

 

f:id:akey39:20170331210859j:image

 

その間に、私は次女とお皿洗い。こちらもかってでてくれました。

 

こちらも頑張ってくれていました。

 

2歳児の息子は餃子巻きたい!そして姉、かなり迷惑そう。

 

仕方なくこちらの洗い物に来るけど、キッチン台を洗い出しキッチン台が水浸しに。そしてスポンジ振り回すのでキッチン下も水浸し……。

 

き、気持ちだけはよく分かったよ!

将来が楽しみだな〜。:)

 

今日はお出かけしたんだけど、長女も次女も英語のワークブックをまた持って行ってました。(^_^;)

 

よほど嬉しかったようです。

 

なので、家に帰ってから一つページを進め、その後どのページでも好きな所やろう!というとUを選んでました。

 

f:id:akey39:20170331211518j:image

 

母は夜ご飯準備中だったので、椅子を机がわりにしてしていました。

 

こういうのがないと暇な時間に何しよう……という感じだったので私も嬉しいです。

でないとテレビ見て過ごすことになってしまうので……。

 

テレビはまだ自ら英語で見たい!とかは言いません。もう少し英語で自信がついてきたら言ってくれるかな〜?言ってくれますように。

 

ペパピグは抵抗ないようなんだけどな〜。

それも2歳児が見たいという時以外は特に見る機会なしですが。

 

でもまだ始めて10日目ぐらいなのでのんびりいきたいと思います。

 

ところで、同じDVDを車の移動中に何度も何度も見ていたらあるフレーズは覚えてきているみたいです。(車でかけられるDVDが一つしかないとも言います。)

 

Bingoの歌

早口言葉のHow much wood would a woodchuck chuck if a woodchuck could chuck wood.

Coconutの歌

大きくなったら何になりたいかの英語

 

などなど口から出て来ています。特に2歳児。

このDVD、なかなか優秀です!

CatChat for BABIES & FAMILY ~0才からのリズムあそび英語 [DVD]

というものです。

色んなシリーズがあるんですね。

 

楽しんでいます。

 

夜も何か英語の歌のかけ流しでも……と思ったけど、興奮してしまって一緒に歌ってなかなか寝ないので、結局いつものオルゴールの音楽にしました。するとすっと寝ました。これもとっても良いのでまた紹介しますね。

 

まだまだ我が家のお家英語は始まったばかりです。いつの時点で子どもたちが英語を言いはじめるか、始める前は全く未知でしたが、何となく想像がつくようになってきました。

 

ミセスミヤコさんのCTP絵本で育てる 確かな英語力 モノにしよう!『Sense of English=英語のセンス』という本に、CTP絵本の具体的な関わりあいかたが書かれているので、それも参考に今後してみようかなと思っています。

その教材も今後ずっと使えそうですし、そういうのも作っていけたらいいなと思います。

 

今日から妊娠8ヶ月に突入しました。

仕事は後ちょうど1ヶ月残っています。

 

早く仕事が終わって、出産までの時間を色んなことにあてたい私です。

 

 

 

自分のワークブックを愛する娘たち。

f:id:akey39:20170330100821j:image

さて、朝遊びが始まりました。

で、よく見たらワークブック。笑

どんだけ好きなんだ。

 

汚れるで、と言ってもいつの間にか近くにある!

 

そんな次女のワークブック愛しぶりに、長女が先生をかって出てくれるも、次女はママ先生がいい模様。

 

すっかりやる気をなくした長女に、英語教室でスペルが全て終わったら始めようかと思案中だったワークブックを仕方なく(笑)始めてみることにしました。

 

こちらはBrain Quest Workbook Grade 1です。

 

f:id:akey39:20170330101813j:image

 

Brain Quest Workbook kindergartenの次のレベルです。

 

折角なのでこちらも紹介しますね。

 

f:id:akey39:20170330101927j:image

 

内容としてはこんな感じです。

 

f:id:akey39:20170330101947j:image

しょっぱなフォニックスからになります。

 

f:id:akey39:20170330102019j:image

色々なフォニックスの言い方も学んだり復習しつつ出来るかな。

 

f:id:akey39:20170330102102j:image

スペリングに、

 

f:id:akey39:20170330102217j:image

 フォニックスも意識したスペリングも出来そうです。

 

f:id:akey39:20170330102257j:image

語彙や文法も少しずつ出てきます。

 

f:id:akey39:20170330102342j:image

今まで聞いて分かる、言える、から書くの作業へ。英語を忘れるか忘れないかは書く作業をしたかどうかにとても深く関わるようなので、これからは字も少しずつ書けるようになっていけるのでよいかと思います。

 

f:id:akey39:20170330102514j:image

語彙も字を見ながら。

 

f:id:akey39:20170330102610j:image

リーディングのコーナーはこんな感じ。 

質問に英語で答えたり、

 

f:id:akey39:20170330102739j:image

お話を読んで一番合う絵を選んだり。

 

f:id:akey39:20170330102841j:image

書く方も単語から文章へ。

 

f:id:akey39:20170330102906j:image

こんなのも。

 

f:id:akey39:20170330102959j:image

f:id:akey39:20170330103017j:image

f:id:akey39:20170330103042j:image

算数も。

 

f:id:akey39:20170330103127j:image

形に、

 

f:id:akey39:20170330103144j:image

ものさしをしたり、

 

f:id:akey39:20170330103158j:image

時計や、

 

f:id:akey39:20170330103211j:image

お金。

 

f:id:akey39:20170330103257j:image

 

f:id:akey39:20170330103309j:image

社会や理科も入ってます。

こちらはあまりないですが。

 

何はともあれ、長女もこのワークブックが宝物のようになっている模様です。

 

因みに、長女は只今草刈りしてくれています。

f:id:akey39:20170330103459j:image

f:id:akey39:20170330103901j:image

草にうもれるチューリップやイチゴを発見した模様。てんとう虫もいました。

てんとう虫って下から上へ行って、上に行ってから飛びませんか?

その実体験をした娘です。

 

自然から学ぶことは山ほどあります。

それに加えて砂や、水、自由遊び、一人遊び、探求する力、指先を使う力……。

 

外遊びは多くの学びを子どもたちに与えると思っています。

 

f:id:akey39:20170330104610j:image

因みに息子は石を持ち、投げ入れ、砂を集め、入れて、モップみたいなので混ぜてます。笑

 

f:id:akey39:20170330110531j:image

f:id:akey39:20170330110537j:image

 

その後水遊び。濡れるので自分でズボンをまくってたけど、それでも濡れて自分でズボンを脱いでました。

次女も水遊びに参加。長女は黙々と草刈り。

 

で、こんなことになってます。

f:id:akey39:20170330110941j:image

すごい量!

これら皆楽しくてやっているようです。

草刈りしなさい、とも、何も言ってないですが、それぞれの敏感期で学び中なのかなと思って見ています。

 

私はこうして座って見ているだけ。

時々見て〜!に見に行くぐらいです。

そして笑顔でいるだけです。

 

f:id:akey39:20170330111032j:image

息子がわざわざ残してたチューリップの芽を抜いてしまい、姉は工夫してました。

割り箸と紐で。

これはどうなるかまた見るのも勉強ですね。

 

f:id:akey39:20170330112327j:image

何度も着替えた結果、もう着替えないと決めたそうです。

 

それから水遊びについてですが、水から彼らは学んでいる、という捉え方から、水遊びは辞めさせていません。

 

またいつか紹介できたらよいのですが、子どもが主体の保育園があって、そこで、水を延々と出すお子さんが居られて、親御さんはもう閉めよう、お終い、と心配されていたんですが、そこへ、「水遊びを辞めなさい」と言うのを辞めてください、と言われている姿を見たことがあり。とても印象的だったのを思い出します。

 

家の近くに川があるのが一番いいんですが、水と子どもはきってもきれない関係で、子どもたちも水と触れ合っていると落ち着くようです。

その文献もまたいつか紹介できたら……。

 

私は入れ物を近くに置いたり、遠くで見守る程度です。

 

f:id:akey39:20170330131417j:image

 

長くなったのでここで。

 

因みに、またかけ流ししています。

ディズニーのシングアロング。

Do you want more?に手話を交える。

子どもたちとの会話の中で、よく使う言葉ってありますよね。

 

「もっといる?」ってよく使いませんか?

 

そんな時に2歳の子には、

「Do you want more?」とゆっくり言いながら、手話も一緒に表現します。

 

私はアメリカンサインランゲージを習ったのでアメリカンサインランゲージを使っています。

 

検索では「asl more」などで検索すると出てきます。

f:id:akey39:20170416211217g:plain

 

たいていの言葉は「asl 〜(英語の単語)」で出てきます。アメリカの大学の授業ではこちらのテキストを使っていました。

 

英語って単語が日本語とは全く異なるので、初めはとっつきにくかったりしますよね。

赤ちゃんがサインランゲージを用いることで、自分を表現したり、相手の言いたいことが分かるのと同じように、初めて習う英語は子どもたちにとって未知の言葉ばかりです。

 

そんな中で特によく使う言葉に対してサインランゲージを一緒にすると、え?それ何の言葉だったけ?あ、その手話なら知ってる、と反応が一瞬止まっても理解してくれる時があります。

 

英語教室ではそれも取り入れつつしています。

 

そしてこれからはお家英語でも。

 

早速2歳児の子がmoreと言いながらアメリカンサインランゲージのmoreをしてくれました。

 

当時授業で初めて習った単語は犬という言葉でした。とってもユニークです。犬を呼ぶときのあのスナップの仕草で犬です。

 

f:id:akey39:20170416211330j:plain

 

その後英語スイッチが入ったのか、ディズニーのテキスト1を何度も何度もめくる2歳児でした。途中ABCの歌を歌ったり、独り言のように話しながらめくっていました。

 

これは次の方には回せない程ひどい状況になりそうです。破らないだけましなのかも。

 

でもそれも成長の証。

 

どうやったらあんなに綺麗な状態で売られていたんだろう。

ワークやシールも普通に使いたくて仕方ないので、やっぱり使おうかな……。

 

長女は好きなページをコピーして使ってくれてます。

 

f:id:akey39:20170329232626j:image