読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児、英語教室、日々の出来事をつづっていきたいと思います。

英語育児のスタンスを改めて考えました。

英語育児、何故やるのか。

 

英語が出来なくて困ることはあるのか、

早くやったからいいのか、

むしろ日本語に悪影響を及ぼすのではないのか、

ひいては子ども自身の生活に英語があることで負担をかけるのではないのか、

 

英語育児始めます!と言いながらも、心のどこかではぬぐい切れなかった正直な気持ち。

 

昨日も夜な夜なネットサーフィンをしていて、ある親子のパターンを目にしました。

 

それは、3歳から英語育児を始めた第一子と1歳未満の第二子の子育てをされているお母さんのブログでした。

第一子は日本語と英語、どちらも話し、長第二子は英語がかなり優位な状況で成長していき、お互いに話す言葉は英語。しかし、周りには英語を話す環境は整っておらず、自分の言っている言葉が分かってもらえないし、こちらも分からない。(まさに私が心配していた状況でした。)

 

そんな2人が今は大きくなっている。

第一子は難しい英語の本を読み、英語力はキープ。英検も小さいうちに頑張って取られたみたいだけど、小学生のうちに英検が取れても何の役にも立たないと思われていて、第二子には特に強制はされていないそう。そんな第二子は頑なに英語を拒否、否定。お母さんは第二子のことをある意味失敗例として私たちにシェアされて居られた。

 

これは今から私がやって同じようになる程子どもたちの英語力が上がるか、それはかなり疑問視するが、それを見て、何故早く英語を習わすのか、その答えが自分の中であやふやなままではいけない。そう強く感じました。

 

そこで、私はこういう方向性にしようと思うのです。

それは、私たちは素晴らしい日本語ネィティブである。だから、日本語の力をどんどん伸ばして欲しい。それが基本にあり、日常会話や日常で使う言葉を英語で聞いて理解出来て、コミュニケーションが取れる人間になって欲しい。

頭でっかちな英語が出来る、英語が出来ない子を馬鹿にするような子ではなく、英語で遊び、英語で助け、英語で笑いあえることの出来る子。英語は日々の日常で溢れていて、英語を話せることは特別なことではなく、当たり前のたしなみの一つ。

自分の母国をもっとたくさん知って、母国が大好きで、色々な違う国の違う環境の人のことも思いやれる、そんな子になって欲しい。

 

そう思うのです。

だから、私は英語を子どもたちがすることに対して、利己的ではいけないと思うのです。

子どもたちに英語をお家でするのは何故?という問いかけに、私たちは日本人だから、いっぱいいっぱい日本語をもっともっと自由に使えるようになろうね。その上で今から少しずつ英語のことを知っていったら、色んな国のたくさんのお友だちと話したり、遊んだり、知ることが出来るんだよ、というようなことを説明しました。

 

子どもたちは、そっか、だから英語するのか〜。って素直に受け止めて、英語も楽しく取り組む姿勢でいてくれているので、その姿勢をいつまでも大切にしていきたいと思っています。:)