読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児、子持ちでの看護学校時代、日々の出来事をつづっていきたいと思います。

言語の敏感期が我が家に到来?

ワークが大好きになった次女の為に、英語に興味があるなら日本語にも興味があるかも、と用意だけしました。

 

次女は今年から年長さんなんですが、まだひらがなのことは全然していません。

園でもなぞりの練習はあっても、ひらがなの練習はしていない。

だけど、園のお友達は読める子が居るという状況でした。

長女は年少の時にお手紙交換がものすごく流行り、そこから一気にひらがなを覚えたので、そう思えば次女は少し遅め。

でもそろそろひらがなについて知識を深めたり書いたりしてもよいかと思い、ワークブックだけは用意することにしました。

実は前にも用意したことがあったのだけど、「本人の能力よりも少し簡単に」が出来ていなくって、ちょっと難しい印象を与えてしまい、そこからやりたいと言わなかったので、そのままひらがなのことは立ち消えていました。

 

なので、実際の年齢よりも一歳年の小さい子がする4歳のを購入。

ここでも「楽しい」といかに思わせることが出来るか。

 

f:id:akey39:20170417192934j:image

見開き2ページ程はこんなのがあって、本人ものりのり。

しかし後は最後の迷路ぐらいが楽し気な所があまりなくて、娘はもうそこがしたいしたいという状況。

 

なので、母、考えました。

f:id:akey39:20170417192941j:image

字の練習をして、しりとりの要領で、くの所は「くつ」の絵。への所は「へび」の絵。

そして、この字は?って聞くのに、家庭英語をしているので、「What's this?」「s...s...s...snake!!」など英語もまじえながら(^-^;

 

f:id:akey39:20170417192950j:image

「ろ」や「る」で悪戦苦闘している様子の次女。

しかし、絵は楽しそうに描いてくれました。f:id:akey39:20170417193023j:image

これは何か分かりますか?

なんとのび太君です。笑

 

バイリンガル育児を始めてから、英語、日本語関わらず「言語」に親子ともに敏感になっています。まさに言語の敏感期到来か?

 

 

長女は「10分で読める伝記 1年生」は読破しました。

以下の方のお話が載っています。

ヘレン・ケラーファーブル、モーツァルトライトきょうだい、ナイチンゲールディズニー、ベル、一休、円谷英二野口英世

本当に短時間で読めるようになっていて、大まかな全体像も把握出来る為、名前が出ても、だいたいこういう人だな、とわかるのが自信につながっているようです。

次は2年生かな?何を彼女は選ぶのでしょうか。

今夜はこれを読んでいます。

 

 

例えば

お魚

 

海の魚はかわいそう。

 

お米は人につくられる、

牛はまき場でかわれてる、

こいもお池でふをもらう。

 

けれども海のお魚は

なんにも世話にならないし

いたづら一つしないのに

こうしてわたしに食べられる。

 

ほんとに魚はかわいそう。

 

 

 

娘の心にも響いていたようでした。