英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の赤裸々記録。

【DWE】動画あり。トークアロングを開始して10日。

本当は開始して一週間で記事にしようと思ってたんですが、なかなか予定や体調が思わしくなくて今日になってしまいました。

 

妊婦9ヶ月目、とってもしんどいです。

4人目ともなると、1人目の9年前に比べて当然9歳年老いている訳でかなりしんどい。

 

血液検査の結果も貧血と初めて出ました。

 

私がものすごくオススメなのが、「なつめ」。

血を補ってくれるスーパー食材で1日3個、食べてます。なつめさん、今回も救って〜。

3番目の時にこの存在を知ったんですが、またこれの記事書きますね。

って貧血状態で言っても説得力ないですが、本当にミラクルフードです♡

 

で、本題へ。

トークアロングカード、略してTAC。

 

こちらを毎日10枚ずつしていたら、昨日でちょうど100枚目が終わりました。

 

長女は小学校から帰って来てからやることが多すぎて1日せず、2日せずと続いていて、30枚程溜まってます。

 

次女は寧ろこれ以外には特にするものもないので、こちらを毎日10枚ずつきちんと出来ています。

 

昨日は早くやりたくって、自ら録音してました。やる気十分です。

 

そして、こちらの動画はTAC開始から一週間目だったと思うのですが、皆の様子です。

 

まず次女、5歳。

彼女、5歳ということで、耳がいいです。

聞こえたものをキャッチする力があります。

そして5歳ということで、スピーキング力もあるので、親としては一番やりがいのあるタイプです。動画はこちら。

instagram.com

複数枚あります。

 

全然文章としては言えてなかったりするんですが、hisとかtheとかaそういう日本人には抜けがちな代名詞もきちんと汲み取ってるんですよ!

 

前にオンラインレッスンでTOEICコースをした時(私が)、トーイックで言われる質問から答えまできちんと聞いてそれを口に出して言うというのがあったんですが、フィリピン人の先生が違う!と言うんですよ。で、何が違うかというと出ました!aとかtheを抜かして言ってるんです。

かなり長い文章もあるので、aやらtheはまけてくれ!って思うんですが、英語ではとっても大事なんです。

 

Lang-8でも最初の方はaやらtheのつけ忘れがこれでもか!と赤ペンされていました。

 

最近はかなり敏感になりましたけど、それでも日本人にとってはすごく難しいんです。それをつける習慣がないから。

 

で、その代名詞を普通にキャッチしている5歳児に感動したのでした!

 

そして長女はというと、こちら。

instagram.com

 

長女にしたら、aやtheなどがついているな、とまず日本語で無意識に思っています。なので無闇にaが強調されていたりします。

この動画はまだ少しリズムに乗れてるかな?という1枚です。

 

あまりに次女が簡単にやってのけて、私がびっくりしちゃうので、姉は変にやる気をなくしてしまっていました。いつもは1人でやってる所を時間短縮の為に2人でやった為に起こったことです。9歳にとって字が読める分、音を聞いても感覚で捉えるのに苦戦しているようです。

 

ラストは2歳児。

全く参加してないんですが、時々マイク〜!俺にマイクを〜!とマイクを離さない時があり、で、こんな動画が撮れました。

instagram.com

 

この子の可能性は無限大です。将来が楽しみ。

母が英語育児を諦めずに続けさえしたら、ですけど。

 

昨日、保育園から帰って来る時にずっと英語の歌を歌っていた次女。英語教室今日あったっけ?と思って歌を聞いていたら、ずいぶーーーーん前にやったThank youという歌を歌っていました。

 

覚えてるんやー!すごーい!と動画を撮ったのがこちら。と言ってもものっすごく適当なんですけどね。^^;

instagram.com

 

本当は全然と言ったら全然なんだけど、これを覚えていたことにまず感動〜!

 

さらに、2歳児が、僕も撮って!いい、僕も撮ってよ?と歌い出した!!それがこちら。

instagram.com

 

なんてことだ!可愛すぎる!しかも何となくそれっぽく聞こえる!

 

ちなみに彼、何度か繰り返し見ているとこんな感じで歌ってくれます。

instagram.com

 

早口言葉もこちら。

instagram.com

 

この2つはディズニーではなく前にご紹介したChat for babyです。

 

今の所、成長が目で見えて楽しい5歳児、

日本語が優位になっている為に少し苦戦気味な9歳児、

そして目では成長があまり分からないが確実に彼の能力は高くなっているであろうポテンシャルに期待の2歳児。

 

そんな我が家です。