英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の話です。

オムツ外れ(昼間限定)が一週間ほどで出来た訳。

ゴールデンウィークが明けて、トイトレ完了!の声をクラスメイトのお母さんから聞き、「え!もう始めてるの!あ、そりゃそうやんな」と思い、我が家でも始めることにしました。

 

次女は2歳までにはあっさり夜もオムツからパンツに変わったので、確かにもう2歳半の長男。トイトレ始める時期ですよね、ということで。

 

始めにしたことは、「フルチンタイムをつくる」こと。

まずはお風呂上がりにオムツなしにしてしばらく過ごしました。

 

何故か子どもは何かに覆われていると、オムツ生活が長いと何かが支えてくれると油断するようで、まずはすっぽんぽんにして実質誰も支えてないやん!を体感してもらう。

 

トイトレと言っても自分では行けないので、オマルを準備。

 

おしっこの時はこのオマルだよ!と念を押しておいて後は放置。

 

もしもそこら辺で出てもそれは目をつむる。

 

が、我が子はそこら辺ではせずにオマルへ直行。そして出来たら物凄く褒める!!

 

で、しばらくそうやってから、パンツにしてみる。

 

1日目は失敗、失敗、失敗。

やはり覆われていると完全に油断している。

 

で、またフルチンタイムを作りながら、パンツタイムも作る。が、オムツがいい!と断固拒否!1日、2日はオムツ生活。無理強いしない。

 

で、またフルチンタイム再開から始めてパンツタイムへ。あたかも当たり前のように履かせてみる。

 

そして、出来たら褒める!

出来たら褒める!

そのうちオマルのおしっこを自分でトイレまで捨てに行き、ジャーして、そのジャーの時に流れる水でいつまででも遊んでいたりするが、そこもスルー。

洗ってくれたことに感謝だけしておく。

 

で、はと気がついたらパンツ再開してから2日程でオムツが取れていたことに気がついた。

 

あっという間のトイトレでした。

 

そして、間隔もフルチンタイムの時に1時間に3回とか4回とか出てて、大丈夫かな?って思ってたんですが、精神的なものだったのか、今では1時間でも2時間でも膀胱に貯めれるようでおしっこー!とオマルに駆け込む回数も激減しました。

 

ウンコもオマルで今の所してくれています。

 

時々お出かけでオムツなんですが、向こうから、オムツ?オムツ?と今オムツかどうかを聞かれます。

オムツやで!と答えるとふーん、って顔でどこかへ行き、バッチリオムツの中でしてます。笑

 

夜も寝る時にオムツ?って聞いてきます。

で、安心してたっぷり出してます。

 

朝は起きたらすぐに脱がしておくと、勝手にオマルに行ってくれてます。

 

次女も長男もトイトレに関してはとっても優秀でした。

 

と、長女はというと……。

こちらはまた機会があったら話そうかなと思うのですが、膀胱に貯められる尿量が少ないようで、昼間もあまりお茶を飲まないようにして授業中行かなくていいようにしたり、本人なかなか努力しているようです。

こちらは今も親子で取り組み中で、またの機会があれば……。