英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の話です。

昨日のお楽しみ会と長女のこと。

昨日のことも書いておこう。

 

昨日、お楽しみ会が10時半からあり行って来たのですが、子どもたちが本当にいい子だな〜と思ったので、せっかくなので記録しておきたいと思います。

 

主人が帰ってくるはずだったんだけど、どうやら夕方になるらしく、私は12時半まで2時間もあるし果たしてやっていけるか……と内心ドキドキしていました。

 

しかし、10時半まで遊んでいたものも3人で協力しながら片付けて、「先に行っておくわ!ママは急がんでいいで!」と5歳児次女と2歳児長男を連れて、同い年ぐらいの子が居て普通は連れて行きたくないとか言いそうなのに、率先して会場まで行ってくれました。

 

私が会場に着いた頃にはそれぞれのお小遣いが入った財布からお金も払い、色々なモノづくりコーナーにいました。

 

その後、時間差で買い物をそれぞれのお小遣いを使って買ったんだけど、息子はお姉ちゃんたちに買う!とこれは私が買ったんだけど買って、長女は全員分のオヤツを買い、五目ご飯も皆分と購入してくれていました。次女は弟の分と自分の分のマドレーヌを買ってくれてました。それとは別に自分たちが食べる昼ごはんも買ってて、12時半まで作業して終わったら公園で食べる!と公園で食べることにしました。

 

すごい豪華なランチになりました。

思いやりあるお昼ご飯でした。

(と、言いながら豪華なランチ写真は撮り忘れてましたT^T)

 

f:id:akey39:20170618115253j:image

まさか公園で食べると思わず、ゴザなく、買った時にもらった袋に座って食べました。

 

長女のお友だちも一緒に。

 

そして近くに自販機があって、持ってきたお茶がなくなって、ジュースを飲もう!ということになり、500円を渡したんだけど、400円が返ってきて……。

 

f:id:akey39:20170618115618j:image

 

私用に買ってくれてました。

 

次女は自分のお金で買ってて、長女のと長男のは長女が買ってくれてました。

 

お金も断固として受け取ってくれず。

 

「自分のお金で買いたいから買う!」とのことです。

 

因みに我が家、お小遣い毎月あげるシステムはありません。その代わり、お手伝いをした項目によって一回20円から50円稼げる仕組みになっています。さらに、お年玉もいくら預けていくら手元にもっておくか自分で考えています。

 

お手伝いはお金の為じゃないというスタンスでいつもすごく手伝ってくれる割にはシール貼り忘れたりよくしてますが、それでもお金を渡すと(2、3ヶ月に1回)、ルンルンして受け取っています。

 

しかも初めてもらった汗と涙?の500円を持って自動販売機へ行き、自分の分以外に次女の分、友だちの分まで買ってあげていた時があってぶっとんだことがありました。

 

その後2時半まで公園で遊び、さらに5時まで我が子3人と長女のお友だちとで我が家で遊んでました。

 

その間私は公園の木陰でのんびりし、家の中でソファーに寝転びゆっくりしてました。

子どもたちは2階で延々楽しそうに遊んでいました。

 

2歳児お昼寝せずからのパパとの夜ご飯と続いて行って、その前の投稿にリンクします。

 

長女、今年4年生。

そろそろ弟や妹も一緒に長女の友だちと遊ぶということもなくなるかな〜と思って見てるんですが、未だに2人を連れて友だちと遊んだりしてくれています。

 

下2人は当然一緒に遊ぶものだと思ってるみたいですが、すごいことなんだぞ〜、と思ってみてます。

 

長女は、困った人が目の前にいると放っておけないタイプで、時々時間を守らない時があるんですが、そういう時はだいたい誰かが困っているとか、誰かが一人ぼっち、ということが多いです。

 

自らの持ち物から、時間から、お金まで人のために使うことに全く躊躇がありません。

 

そして仲間に入れなくてモジモジしてる子がいれば、「◯◯ちゃん!遊ぼう!」と誘うし、自分が仲間はずれにされた場合は、私はうちの娘をよくも〜とか少し思ってしまうんですが(未熟者)、長女はそんなことなかったかのように、その友だちに会うと「あ!◯◯ちゃん!遊ぼう〜!」とすぐ許して遊んでしまうのです。

 

その仲間はずれした友だちは、その時もちろん違う友だちがいるんですが、1人になったら長女を仲間はずれにする理由はないし、でもそれを後ろめたく思い遊びたいけど遊ぼうとも言えない、みたいな面持ちでいるのです。

 

そして長女が遊ぼう〜!と来るので、はじめはバツが悪そうに遊ぶんですが、後はいつものように仲良しに戻っているんです。

 

私は時々娘が天使か?と思う時があります。

 

私よりもきっと高い魂を持って生まれてきたことは間違いなさそうです。

 

そんな彼女のカバラは22です。