英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の赤裸々記録。

私が過去にしたアルバイト。

突然、何故このタイトルでこんなことを書こうと思ったか定かではないけど、突然書きたくなりました。

 

もうこのブログ、もはや何ブログか分からない。笑

 

書いてみたら物凄く長くなってしまいました。

興味のある方だけ読んでいただければと思います。

 

アメリカから帰ってきた私は、父が心臓手術後であったことから、地元での就職を目指しました。

 

もちろん英語関係が良かったけど、田舎にそんなに都合よく英語関係の仕事は見つかりません。

 

自分には何もない。

そう思いました。

 

f:id:akey39:20170803103326j:image

 

そこで、手に職をつけなければ!

焦った私は、初め日本の文化的なものに触れたくなり着物屋さんに面接に行きました。

しかし不合格。

 

スーパーのレジ

f:id:akey39:20170803103410j:image

仕方なく大手スーパーの食品レジのアルバイトをすることにしました。(こちらの食品レジ、田舎ではかなりいいバイトだったと思います。

もう定かではないのですが、基本給の他に5時以降は100円プラスとか、日曜は時間関係なく300円プラスとかで、かなり時給が高くなるのがおいしいアルバイトでした。)

 

深夜のファミリーレストラン

f:id:akey39:20170803103631j:image

そして夜9時までそこで働いた後は夜10時から朝の2時まであるファミリーレストランで働きました。これも夜10時からは少し高くで働けました。

 

そして3ヶ月後、広告代理店での仕事が見つかりスーパーの食品レジとレストランを辞めることにしました。

たった3ヶ月しか働いていないスーパーでは私に皆さんから集めた7000円分の商品券をいただき、さらに10年以上経っているにも関わらずいまだに私の顔を見ると世間話をしてくださるレジの元同僚の方。ありがたいことです。

 

さらにレストランでは仕事終わりにご飯をご馳走してくださったり、店長からお店のワインをもらいました。ありがたいことです。

 

広告代理店

f:id:akey39:20170803103618j:image

そして新たな出発となったその広告代理店は新聞屋さんと併設されており、新聞の営業をするのであれば正社員として働けるがそうでなければ正社員は取らない所でした。私は手に職をつけたかったので、お金を払ってもいいぐらいだと思い正社員になるなんて恐れ多いと思ってアルバイトとして入社しました。広告代理店では、毎日イラストレーターやフォトショップを使って仕事をしていて、2年の間に自分の頭に浮かんだものがそっくりそのまま作品として作れるようになっていました。

 

f:id:akey39:20170803103858j:image

たいていの広告代理店のアルバイトの方は冊子作りのみに携わっておられました。しかし私は営業、撮影、取材、配達、集金、ホームページの作成もしていました。次第に営業の面で正社員にならないかと言ってもらったこともあったのですが営業で、というのが大変になりそうで断りました。

 

f:id:akey39:20170803103704j:image

営業はかなり精神的にストレスになっていました。例えばお店に入った瞬間に、出て行け!と言われたこともあったし、この人行けそう……とピンと来てもその後社長や管理者が出て来て、私と話した方が額に冷や汗をかきながら上司に伺っているあの何とも言えない緊迫感が今でも思い出されます。

 

何度もかけあってようやく広告を出してくれることになり、ラフ版を作成してお店側とこれで行こう!となった後に上司からもっとこうした方がいいのではないかと言われ、それを恐る恐る伝えに行くと前と言ってたことと違うと言われたり。

 

取材や撮影はとても面白かったです。

そこも2年後には出産の為に退社したのだけど、今でも仲良くしていただいていて、面接採用担当の方が新しく職員を雇うときは私のような人を雇うようにしていると言ってくださったことがあり、これまた本当にありがたいことだなと思っています。(すみません。思いっきり自慢話みたいですが、数少ない私へのありがたいお言葉で……(T_T)書かせてくださいませ……)

 

さて、広告代理店でアルバイトをしている時は基本的には朝10時から夕方5時までのシフトで時給800円でした。入稿前は特にいそがしくとても5時に終わらない時もありましたが、上司が超過勤務を嫌い5時になったら電気を消すような方で、幸い私はするスピードが早い方だったので、早い仕事は私に、と思っていただけるように少しずつなっていきました。なので超過勤務をしたことはほとんどなく、当時30分刻みのタイムカードになっており、超過するのは自分の責任と、次の30分になるギリギリ前とかにタイムカードを押して超過勤務分を貰わないようにしたりしていましたが、そこはもしかしたらいけないと思われたのか程なくして1分刻みのタイムカード押しに変わっていました。

 

お金はもちろん大切ですが、そこに最重要の価値を置いておらず、正社員として得られる安定が得られないことが不満でした。早く社会保険を払ったり将来の為の対策をして安定したくて仕方ありませんでした。安定を何より求めていたように思います。あとやりがいと。

 

しかし正社員としては雇ってもらえないし、5時以降は時間があまりすぎている。

 

そこで、掛け持ちをいくつかしました。

 

イタリアンレストラン

f:id:akey39:20170803103743j:image

まずはイタリアンレストランのオープニングスタッフの夜担当として夕方から夜まで働くことにしました。そこで出会ったスタッフの方とは親友になり今でも大切な大切な存在です。そしてこの間の10周年記念ではマスターに呼んでいただきお祝いの席に参加出来ました。本当にありがたい出会いをしました。

 

個別指導の塾

f:id:akey39:20170803103831j:image

その後、個別指導の塾の講師として中学生の英語を教えました。1コマ90分で2コマするのがやっとという感じで、コマとコマの間に変な休みがあったりして塾の講師はなかなか時間的に大変なことを知りました。そして学校によってかなりの差があり、私立の英語はかなりハイレベルでした。

 

時には朝10時から深夜2時まで3つのアルバイトを掛け持ちしたこともありますが、どれもお金の為というのもありますが、それよりも「やってみたい」というのがいつも私の原動力でした。

 

実は作業療法士夜間学校に受かっていたので、昼間働くにしても少しでも地元にいる間にお金を貯めたかったのは事実です。

 

f:id:akey39:20170803103943j:image

手に職がないことに対するコンプレックスはかなりのもので、早くそんな価値のない自分から抜け出したかったです。

 

しかしその後受かった夜間学校に行くことはなく、そのまま結婚し、母になりました。

 

英語の翻訳と事務の仕事

f:id:akey39:20170803104105j:image

その後英語を使った職にも一度はつき、品質保証部でISOについて学ぶ日々もありましたが、それもリーマンショックの為リストラ。

 

そして上の娘が1歳半の時から看護学校へ行くことになりました。

f:id:akey39:20170803104237j:image

葛藤もありつつ看護師という手に職をつけることが出来ました。今でも看護師として働いています。

 

看護学校では2年間成績1位で、平均点は97点という自分の中でも勉強したな、という満足感はありますが、看護師としては本当にまだまだです。どれだけ試験でいい点が取れても看護師としての経験はゼロからのスタート。これからまだまだ経験を積んでいかなければいけません。今の職場では看護師になってからの5年間働いていますが、その中で育休も取っているので、実質働いていた期間は数えるだけしかありません。しかも正職員としてはとても働けず未だにパート生活から抜け出すことが出来ないでいます。

 

しかし看護師で正職員になろうと思うと生活が激変することは目に見えています。因みにうちの職場で正職員になろうと思うと土日祝日は率先的に出なければいけないし、早出、遅出、夜勤があり、夜勤は夕方4時半から朝の9時まで16時間看護師ほぼ1人で患者さま数十名をみる必要があり、夜間亡くなる患者さまも多くかなりの精神的肉体的疲労になることは目に見えています。

 

そして近所のお母さんに子どもに英語を教えてあげて欲しいと要望をいただき、週に1回日々模索しながら教え始めて約2年。

 

遂に今まで全く手につけてこなかった家庭で英語育児を始めて4ヶ月。

 (英語育児は私が頑張ればいいというものではないので楽しみながら子どもたちのペースで進んで私はサポートするぐらいにしたいと思っています。)

 

何でもやり始めたら楽しいと思う限りは、楽しみながらやっていく生粋の?射手座なので、今も育児や英語子育てを楽しみながら出来ています。

 

ある程度登れたなと思ったり、これ以上の向上はないと思うと途端にやる気をなくすのが悪い癖で、次の新しい困難な高い壁に登り始めたくなってしまいます。

 

そんなチャレンジが大好きなある意味エム体質の私の過去のアルバイト歴でした。

 

しかし同時に安定も欲しいのでいつも正職員になりたいと思いながらも様々な事情から正職員になれずアルバイト歴ばかりが長い私です。

 

本当は、一番長いのは高校時代からしていた餃子の王将で累計4年間働きました。

f:id:akey39:20170803104219j:image

あの忙しい場所が大好きでした。ドロッドロの人間関係。私の青春です。

コーテルイーッ!

ソーハンソーメンリャンリャン!