英語育児開始!4児と母の毎日。

英語育児を中心に日々子育てに奮闘する母の赤裸々記録。

英語が蓄積されているのを感じた眼科での待合室。

昨日、次女が定期的に行っている眼科の待合室で、次女の中にある英語の蓄積を感じました。

 

眼科の待合室にはシルバニアファミリーが置いてあったんですが、そのうさぎ親子を持って来て、「Hello! My name is rabbit!」と言ったのです。

 

え?それだけ?

 

と思われるかも知れませんが、今まで遊びの中で英語を使ったことはなかったのです。

 

そんな次女が突然自ら英語で言って来たことにビックリしました。彼女の中で英語が自然なものになって来たように感じました。

 

そして今朝。

りかちゃん人形のセットと好きな人形で遊ぼうとしていたので、私も混じってみました。

 

すると、「Hello, my name is bear. Nice to meet you.」と言いました。そして何して遊ぶか聞くと「walking!」と言いながらくまのぬいぐるみといるかのぬいぐるみを一緒に歩かせていました。

 

私が英語で言ってもついていけていました。

(ごく簡単なことしか言ってません。)

 

例えば、「Do you want something to drink?」と聞くと水のおもちゃを持ってきたり。

 

娘は卵を取りだして、「egg!」と言いながらドルフィンにおもてなししていました。

 

その後洗濯物が出来たので、いつものように手伝ってもらうことに。

 

ベランダで鳥を発見。

次女、「bird!」と言いました。

そのあと2羽さらに飛んできて、「1,2,3...3 birds!」と複数形で言ってました。

「1 bird, 2 birds, 3 birds!!!」

どうやら1つ以上は複数形になることを感じていたようです。

 

「bee! Tree bee!!」と言うので、「three bees?」と聞くと、「treeにbee」と言うので、「a bee in a tree?」と聞くと「yes!」と言ってました。すごい!2語文!しかも訂正した言葉の整合性が分かる様子!

 

その後、「a butterfly! Cucumber butterfly! 」と言うので「Did you find a butterfly in a cucumber field?」と聞くと「yes!」と言ってました。

 

そして私がwhat color? と聞くとwhite!と答えてました。因みに鳥はbrownと言ってました。

 

後、鳥と蝉の鳴き声が聞こえてたので、listen!と私が言って聞こえる音に耳を傾けました。

 

今ある英語の知識だけで会話が出来ました!

昨日の眼科の待合室の時にアイスブレイクしてから、彼女の中で英語を使うことに抵抗がなくなってきていて、しかも私が何を言ってるのか随分と分かるようになってきているのを感じたのでした。

 

 目標である子ども同士が英語で遊ぶ日ももしかしたらそう遠い話ではないかも知れません。